20代から習慣づけたい基礎体温のススメ

気に入ったらシェアしてもらえると嬉しいです

男性諸君、察しておくれ!

からふるらいふにお越しいただきありがとうございます。
こんにちは、なかみー(@nakamii_15)です。

今年第一の目標は妊娠すること!
そのためにはまずは女性ならではの身体のリズムを把握しておかねばね!

「女性ならではの身体のリズム」とは、ぶっちゃけて言うと「生理周期」です。
もうね、中学生じゃないんだから恥ずかしがりません。(もし検索でこのページに行き着いてしまった中学生のあなたは、理解して大人の階段を一歩登ろう。生理は悪いことじゃないし、むしろ女性の神秘だ!決してからかってはいけないぞ)

普段から生理日をメモしている女性は多いんじゃないでしょうか?
それもひとつの手段ですが、基礎体温を測るとより正確に自分のリズムをつかむことができます。

基礎体温と聞くと妊活中の女性が測るものだと思われがちですが、女性みなさんにオススメです。わたしは21歳のころから基礎体温をつけています。(サボりがちですが)

今日は基礎体温を測ることのメリットや測り方について紹介したいと思います。

ちなみに、男性も女性ならではのリズムを知ることで女性とのコミュニケーションを円滑にするのに役立ててもらえればと思います。書き出すとキリないので、そのうち別記事で書こうと思ってます。
特に生理前の女性は何にでも過敏に反応する猫のような状態になる場合も。そんな彼女に「生理前だろ」とか言わないでくださいね。めっちゃ腹立ちます(笑)

生理周期で女性はこんなにも違う

生理周期は2種類の女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)が作用することで、4パターンにわかれます。
ここでは月経の初日をリセット日として考えることにして、以下上から順に繰り返します。

  • 月経期
  • 卵胞期
  • 排卵期
  • 黄体期

ひとことで説明すると、月経期(生理)で貧血や生理痛で苦しんだあと、卵胞期と呼ばれる一番調子のいい時期がやってきて、排卵期あたりから調子が悪くなり、黄体期という最悪の一週間を過ごし生理がやってきて月経期に戻ります。

とくに黄体期は最悪で、体調面でも精神面でも不調がでてきます。この時期に現れる症状をPMS(月経前症候群)と呼んだりもします。

男性からしてみたら、昨日まであんなにご機嫌だった彼女が今日になって突然どうでもいいことで怒り出して、「女ってわかんね〜」って思われてたことがあるのではないでしょうか??
実は女性自身もこのイライラは理性で制御できないのです。まさに女性の神秘。(神は女神じゃなくてこの時ばかりは悪神)どうか仏のような広い心で優しく受け止めてあげてください。

生理周期を知ると自分の体調をコントロールできる

自分の身体のリズムがわかると調子のいいとき悪いときに合わせて予定を組みやすくなります。

以前から生理前はチョコが食べたくなったりすることが多かったのですが、仕事をするようになってからストレスのせいなのか、生理前のイライラや身体の不調が酷くなっていきました。

さらには生理不順になり婦人科通いに。先生の指導をきっかけに基礎体温を測り始め自分の生理周期を把握するようになりました。
生理前は心に余裕がなくなるのがだんだんわかってきたので、仕事を絶好調な時期に前倒しして片付けたり、生理前の休日は家でゆっくり休むなど、体調のリズムに合わせて行動するよう心がけたら以前より快適に過ごせるようになりました。

生理前のわたしはほんとポンコツで、くだらんミスが増えるし集中力ないし、居眠りするし、ほんと役立たずです。

基礎体温を測ると生理周期がよりわかりやすく

生理日を毎月手帳などにメモしておくだけで、だいたいの生理周期がわかりますが基礎体温を測るとより具体的にわかるのでオススメです。

基礎体温の記録はグラフでつけるのがオススメです。
紙のグラフの方がメモリが細かいので婦人科で推奨されていますが、ラルーンやルナルナなど、スマートフォンのアプリで体温を入力すると自動でグラフ化してくれるサービスで十分です。ちなみにわたしはラルーン派。

女性ならではの病気の早期発見につながる

基礎体温の記録をオススメしているもう一つの理由は婦人科に行ったときの診断に役に立つからです。
最近は20代の女性で子宮内膜症や子宮ポリープなど女性特有の病気にかかる人が増えています。

わたしの従姉妹(20代前半)は去年、多嚢胞性卵巣症候群という病気にかかりました。生理が遅れたので婦人科に行ったところ病気が発覚しました。不妊症の原因にもなる病気だそうです。

婦人科では低温期と高温期の差を見て排卵が正常に確認できているか確認します。
婦人系の病気に関わらず自分の平熱を把握できることもメリットです。

基礎体温の測り方

最後に基礎体温の測り方をご紹介しましょう。用意するのは小数点第2位まで測れる体温計です。婦人体温計という名前で売られてたりもします。

普通の体温計ではだめなのか? はい、専用のものを使いましょう。

理由は、女性の低温期と高温期の差は0.3℃くらいだからです。実は実際大したことない変化なのです。それがちまちまグラフに記録していくと二層になってたりするから面白い。人体の不思議。

測るタイミングですが、「朝起きてすぐ、ベッドの中で」測りましょう。動くと体温が上がってしまって正確な数値がでません。枕元に置いて寝るようにしましょう。
測り方ですが、基礎体温計は口にくわえ、舌の裏側にあてて測ります。(※詳しくは体温計の説明書を確認ください)
3分ほどでピピピッと鳴りますが、体温計の数値が上昇している間は観察しましょう。最低でも5分はくわえておくとより性格な数値が測れます。

わたしの場合、実際に起きる10分前に目覚ましをかけて体温を測っているのですが、これが眠くて眠くて。気がつけば口の中からぽろっと落ちていることもしばしば。結局起きるのに30分くらいかかってます(笑)

まとめ

上にも書いた通り、自分の身体のリズムを知っておくと毎日過ごしやすくなります。生理前は自分をとことん甘やかし、予定をカツカツにしないようにして、ちょっとドカ食いしちゃっても「ま、いっか★」って許すようにしています。

妊活していなくても、仕事や育児で忙しく過ごす女性に基礎体温計測はおすすめです。

わたしが使っている基礎体温計はこちら。たしかドラッグストアで買った気がします。

わたし

PMSにはほんと悩まされてていろいろ対策をとったりしているので、またブログで紹介したいと思います。生理に負けルナ!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

気に入ったらシェアしてもらえると嬉しいです

followしてくれたら嬉しいです!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)